住み替えの際の注意点

住み替えの際の注意点

現在の住居を売り出し、新たに別の物件を購入する際、現在の物件を先に売るか、それとも、それとも新しい物件を購入するのが先かは非常に悩ましい問題である。

 

 

 

家を売りに出すと、新たな物件が決まっていないままに売れてしまったら・・・と不安になる。売れてくれないと困るのだが、あまりにも早く売れてしまうと、新しい物件の購入を急がなければならないと考えがちだ。

 

 

 

しかし、売れたお金で住宅ローンの全額返済が可能であったり、住宅ローン全て支払い済みであれば、一旦、賃貸で仮住まいをする、という選択肢もある。ただし、住宅ローンの残債が売却額を上回ってしまう場合は、家の引渡しまでに購入する物件を見つけなければならない。

 

 

 

こうした状況をなんとかする為にも、事前に不動産買取業者に相談し、事前に購入者に数か月の猶予を貰うなどの条件を付けておくことが重要だ。実際に次の物件を見つける期間として、事前に猶予期間があれば焦って新しい物件を探す必要もなくなる。

 

 

 

一般の方の場合、なかなかこうした状況に出会うことはないので、仲介にはいった不動産買取業者としっかりと相談して計画を立てておく必要があるだろう。