リフォーム後物件の注意点

リフォーム後物件の注意点

住宅を購入する場合に新築物件に絞って物件探しをするよりも中古物件も含めて探したほうが良い物件にめぐりあえる可能性が高く成ります。

 

新築物件は数量的に見て市場に物件が出回る率が少ないので仲々自分たちが希望する地域に見つかりにくいものです。

 

中古物件は数多く市場に仲介物件として出回っている事が多いので自分たちの希望する立地にでも見つかる可能性は高くなります。

 

 

 

新築にこだわる方でも中古物件のリフォーム後の状態を見れば見劣りしない状態になりますので納得できると思います。

 

しかも中古物件は新築物件と比べて面積あたりの購入金額は低く抑えられますのでリフォーム工事の代金を上乗せしても新築物件よりも低く抑えられることが多いのです。

 

また、中古物件は数がありますので何よりも自分たちが希望する地域で見つかることを考えればお勧めの方法になります。

 

 

 

最近は不動産会社が需要を見込んで中古物件を購入して自分たちで安くリフォームして売りに出すケースが増えていますが、このような物件を勧められましたらしっかりとリフォーム内容をチェックして下さい。

 

また築後年が古くなりすぎていないかは重要な判断基準になります。

 

 

 

築後の年数が古くなりすぎている物件は表面をキレイにリフォームしても基本の設備面で老朽化による問題が生じていることが多いのです。

 

悪質な不動産会社のケースでは築後の年数が古い物件を極安で購入して、目に見える表面だけをキレイにリフォームして一見は魅力的に見せますが、住んでみたら水漏れや基礎工事部分が老朽化でボロボロになっていたりする危険性もあります。