家を建てる

家を建てるエントリー一覧

新築住宅を安く手に入れるコツ
住宅を探している時に「新築は高い」、「中古は安い」と勝手に決めつけてリフォームのことだけ考えていないでしょうか。確かに一般的に新築住宅と中古住宅の販売価格には大きな「差」があります。しかしよく時間をかけて調べるなら予算の範囲内で満足する新築住宅を見つけることができるのです。まずこの点での一つ目のポイントはインターネットをうまく活用することです。今は不動産会社も個人の売り手もネットに真っ先に情報を公開すると言われています。そうすることによってより多くの人に見てもらうことができるからです。このような...
新築マンションと中古マンション比較
中古のマンションには新築マンションにはないメリットがあります。新築マンションは外から見たマンションの外観の点でも中にはいっての内装においても新しいので魅力があります。しかし新築マンションはデベロッパーが土地を取得して開発計画を建ててから出来上がるまでに建設会社やデベロッパーの関係で売買予約が決まってしまうことが多くありますので、市場に出すための宣伝をしないことも多くあります。また東京などの人口密集地では従来の住宅用地にはマンションが建設できる用地が少ないので新築物件が市場に出る数が少なくなってい...
土地付き一戸建住宅のメリット
最近は高層の賃貸マンションを好む方が増えてきています。一戸建ての住宅よりもセキュリティーも良いし、戸締りするにも出入り口のドアの鍵をかければ簡単に済みます。大型の世帯数の多いマンションの中には、ミニ公園などの自然環境にも配慮されていますので一戸建ての猫の額ほどの小庭よりも広々として気持ち良いかも知れません高層階からのパノラマビューも気持ち良いし、飽きたら気軽に他のマンションに引越しも出来ます。もちろん同じ地域なら一戸建てに比べて、価格面でもマンションの方が割安に住むというメリットも大きな要素です...
住宅の建て替え時期
長年住んできた一戸建ての住宅が古くなるとリフォームする必要性が出てきます。また、古いだけの問題ではなくて子供が成長したので子供部屋を増築したい場合や、年老いた親との同居する必要性が出てきて改装したいこともあります。人生の長い間には様々な家族環境の変化もありますので、建築物の老朽化で改装するときもありますし全面的に立て直す場合もあります。また、中古の住宅を買ってリフォームを考えている方も多くおります。それでは、戸建の木造住宅は何年ぐらいで立て直す時期になるのでしょうか。この質問にお答えするのは難し...
住みやすくする工夫
住まいを住みやすくする工夫は毎日快適な生活を送る上でかかせないものとなりつつありますが、まずは家具やものを置きすぎないという事も大事です。必要最小限のものを置いて、余計なものは捨ててしまう、また片付け上手な人のアイディアを拝借してよりスペースを有効に使うということもできます。スペースというのは、それだけ価値のあるもので、眠らせておいたり、物置にしておくのはもったいないです。物を捨てればそれだけスペースができるのですから、せっかくお金をはたいて買ったり、借りたり、リフォームしたスペースなのですから...
住宅ローンあれこれ
大抵の方が自宅を購入する際には、住宅ローンを組むことになるだろう。そして、こういった機会は人生で一度か二度くらいしかないはずだ。金額も数千万と大きな金額になり、期間も数十年と長い。契約の際にはその金額の大きさや、期間の長さにため息をつきたくなる人もいるだろう。しかし、それを恐れて自宅購入をあきらめるような事はしない方が良い。単なる賃貸と違って、自宅はマンションにせよ、一戸建てにせよ自分自身の資産となるからだ。住宅ローンを組むときに悩む一番のポイントは、なんといっても、変動金利・固定金利のどちらに...
住み替えの際の注意点
現在の住居を売り出し、新たに別の物件を購入する際、現在の物件を先に売るか、それとも、それとも新しい物件を購入するのが先かは非常に悩ましい問題である。家を売りに出すと、新たな物件が決まっていないままに売れてしまったら・・・と不安になる。売れてくれないと困るのだが、あまりにも早く売れてしまうと、新しい物件の購入を急がなければならないと考えがちだ。しかし、売れたお金で住宅ローンの全額返済が可能であったり、住宅ローン全て支払い済みであれば、一旦、賃貸で仮住まいをする、という選択肢もある。ただし、住宅ロー...
家を建てるなら?
自分の土地に家を建てる場合、どこに頼むかは非常に重要な問題だ。実際には、大手ハウスメーカーに依頼するケースが一番多いのだろうが、選択肢としては、建築設計事務所や、工務店などもある。特に、個性のある家を建てたいような場合には、大手ハウスメーカーは向いていない。大手なだけに耐久性や納期の面では安心できるが、間取りや構造などの自由度は低い。できるだけ、家のデザインや間取りに拘りたいのであれば、建築設計事務所や、工務店に依頼する方が良いだろう。こうした地元の業者の場合は、大手と違って融通が利きやすく、細...
一戸建ての魅力
購入するなら、絶対に庭付きの家が良いという人間が最近減ってきたように思う。仕事が都心で通勤の関係から、できるだけ近場の住まいを探す人が増えているせいだろうか。都心部で一戸建てとなると中々、手が届く人はいないので、現実的にマンションを選択する人が増えているのだろう。しかし、ある程度、通勤に時間が掛かっても、庭もある程度あって、スペースに余裕がある住まいは魅力的だ。都会の喧騒を離れれば、仕事の疲れも癒すことができるだろうし、何よりもある程度は自然が残る環境であれば、子育ての面でも安心できるだろう。こ...
高級賃貸マンションのメリット
高級賃貸マンションと言えば、短期滞在の外国人居住者が多いイメージがある。しかし、住んでいるのは外国人だけというわけでもない。短期滞在でもない日本人で住んでいるのはどういったメリットを感じての事なのだろうか?実は高級賃貸マンションには、普通のマンションでは得ることができない魅力がいくつもあるからなのだ。例えば、駅からのアクセスはこうした高級賃貸物件の方が圧倒的に良い。そして、設備だけでなく、その管理面の充実が最大の売りなのだ。ハウスキーピング、コンシェルジュなどのさまざまなサービスが無料で提供され...
個人で土地購入する方法とは?
一戸建て建築の為に、土地を購入する場合、通常は不動産業者や仲介業者を経由して購入すると思うのだが、個人で直接購入することもできる。空き地に「売ります」という看板が設置されている場合があるが、そこに掛かれた連絡先が個人の場合には、不動産業者や仲介業者が係わっていないケースが多く、直接連絡して、個人間で直接購入することが可能だ。また、そうした偶然に頼らないで探したいのであれば、インターネットで売りたい人を探す方法もある。土地売買専門のサイトなどで、条件に合致するものを探してみるのも良いだろう。手間と...
新築のメリット
マイホームを購入する場合に新築物件を購入したいという人も中に入るだろう。新築物件のメリットとして特に大きいのが、とにかく新しい家で暮らすことができるという点が大きい。誰も過去に住んだことのない物件であるから、自分の家という感覚を中古物件よりも持ちやすい。また、家に対するニーズというのは年々変化をするものである。ということは新しく建てられた物件のほうが、より現代のニーズにこたえることができる家になっている可能性が高い。たとえば、高齢者が住むために、バリアフリーということがよくいわれるが、新しい物件...
新築土地選びの注意点
新築住宅を購入するためには、まずは土地を購入する必要がある。新築土地を購入する際には、土地自体に価値があるのかどうかということを十分に確認をしたうえで、土地探しをすることをお勧めする。新築土地選びをするときにはまず、道路がどのようになっているかについて、確認をするべきである。道路には、いろいろな種類や幅員のものがあるが、その条件によっては、土地の資産価値が大きく下がってしまう可能性があることを忘れてはならない。ちなみに目安とされているのは、幅員が4m未満の道路かどうかということである。もし4m未...
新築建物の注意
もし新築建物を購入するのであれば、自分たちのライフスタイルにマッチをしている物件であるかどうかの確認をするべきである。新築建物は、中古物件と比較すると、どうしても価格が割高になる。よって、自分たちが暮らすということを前提にして、果たして暮らしやすいのかどうかということをきちんと確認をする必要がある。断熱性能が優れていないと、夏場に部屋の中にいると、必要以上に暑くなってしまう可能性がある。また遮音性能がきちんと一定基準を満たしているのかどうかということも検討する必要がある。さらに耐震性などを含めて...
投資マンションの問題点
最近、様々なところで投資マンションを勧められる。確かに家賃収入が入るし、将来に対する投資という意味でも魅力的なものだと思う。しかし、その一方で、投資マンションは大きな買い物なので慎重に対応する必要があることを忘れてはいけない。マンション投資で良くメリットがいくつかあるが、それぞれデメリットも含んでいるので、それをしっかりと確認したうえで購入を考えた方が良いだろう。よくあげられるメリットとしては、何と言っても「家賃収入が得られる」ということだ。ローンを利用しても、家賃収入で相殺され、ローン終了後は...
サービスアパートメントの魅力とは?
最近話題になっている高級賃貸住宅、サービスアパートメントをご存じだろうか? 家賃20万円程度から100万円を超えるものまであり、基本的に家具付き。敷金・礼金も不要で、短期契約することもできる。サービスアパートメントは海外では定着しているのだが、日本で登場したのは8年ほど前。当時は外国の出張者、短期滞在者向けで月100万〜200万といった物件が主であった。しかし、ここ最近急増し、手が届きやすい物件も増えてきている。サービスアパートメントの魅力は、何と言っても高級家具が備え付けで、設備が充実している...
エコロジー地球にやさしい住まいとは
最近は家電でも家のシステムや住まいの宣伝でも、まずはエコロジーを前に打ち出した商品が多いですね。それだけ地球環境に害がないもの、そしてより環境と一体化して暮らしていくことは私たちにとって急務ですし、住宅エコポイントなどもあって国や企業をあげて推進していました。いまは復興支援、住宅エコポイント制度があるので、このポイントを被災地の商品やエコロジー関連商品と交換できるので復興支援となっているのです。これは被災地だけではなく、それ以外の地域でももらえます。エコロジーとはいっても、それぞれ千差万別のシス...