リフォーム時の選ぶポイント

リフォーム時の選ぶポイントエントリー一覧

壁紙の選択
リフォームをするときに、壁紙を変えて部屋の雰囲気を変えてみたいという人も中に入るかもしれない。もし壁紙を変えるときには、リフォーム業者と入念に打ち合わせをしておく必要がある。よくカタログを見て、自分のイメージに近い色を探す人もいるだろう。しかしカタログだけをチェックすると、実際に仕上がった色とイメージが少し異なることもある。写真撮影された色と実物の色とでは、光の関係などから、色味が少し異なることもあるからだ。もしどの色にしたいのかということを判断するのであれば、現物の壁紙をチェックすることをお勧...
新しい設備の導入
いまは住宅にも様々な工夫、そして設備が導入され、より私たちの暮らしを便利に、そして快適にしてくれています。インターネットでもワイアレスの普及や、床暖房、温水洗浄便座やマンションや一軒家での非常用電源など、便利なだけではなく、災害時にも強いもの、そして太陽光発電やオール電化住宅などによる地球環境にやさしいといわれる設備も目白押しです。そしてガスをつかったエネファームなども最近話題になっています。そうした新しい設備はよりエネルギーをセーブできるとともに、より快適な暮らしを実現してくれるので、リフォー...
工夫一つで美しいお洒落空間に
マンションのばあいのリフォーム内容を大きく分類して専門家に発注して工事してもらう部分と、自分たちでリフォームする部分に分けて行うことも出来ます。素人には出来ない水道関係や電気関係は専門業者に依頼して、残りの内装関係はゆっくりと自分たちのアイデアも入れて少しずつリフォームすることは楽しみでもありますし経済的にも節約できます。一般的なマンションのインテリアはシンプルに造られていて鉄筋コンクリートの箱のなかにプラスターボードを貼って、更に上に木工や壁紙、塗装などの仕上げ材でキレイに雰囲気を作っています...
自宅もエレベーターが必要?
いますでに超高齢化社会に突入している日本では、他の先進国と同じように高齢者のこれからの生活スタイル、より便利で過ごしやすい住まいの提供が急務となっています。手すりや段差をなくすバリアフリー、足腰が弱くなっても使うことができるトイレや水まわり、自立した生活ができる為のベッドや家具などそうした設備は次々に開発されて、導入されていることが分かります。またそれぞれの地方自治体で、高齢者対策リフォームの助成金などが利用できる場合もありますので、こうした高齢者のリフォーム、また介護保険被保険者がいる世帯は、...
工事会社を選ぶときの注意点
リフォームする場合でも立て直しをするリノベーションをするにしも、何らかの工事会社に注文することになります。工事会社は数多く有りますが、その中には自分の会社では殆どなにもしないで別の会社に下請けに出してしまうケースが多くあります。リフォームやリノベーションの業界は事務所があって、工事会社関係の仕事の経験者がいれば直ぐに開業できます。いわゆるブローカー的な存在の会社は、それほどの専門知識に長けていなくとも数年でも工務店などで営業経験だけで、その時の顔を活かして集客専門に営業活動をしている業者もいます...
二世帯、三世帯住宅
最近では家を建て替える際に、二世帯、三世代住宅を構える人々も増えてきたようです。もともと祖父、祖母、父、母などが長くその土地に住んでいる場合、また代々受け継がれている土地が好立地な場合、子供はわざわざ他の土地へいって土地を買って家を建てるというプロセスを踏む必要はまったくありません。そのままその土地を受け継ぎ、税制の優遇などを受けながら、新築物件で住み続けることができます。親の介護問題、そして子供の子育ての問題も一気に解決して、いままでの核家族の傾向から、より昔のスタイルに戻ってきたような感じで...
マンションもリフォームできる?
分譲マンションなどの集合住宅もリフォームできる場合があるということを御存知でしたか。自分の専有部分ならいいのでは、と思っていた人もちょっとここでもう一度確認してみてください。実際には専有部分でさえ、建物の区分所有等に関する法律、管理規約、使用協定、消防法、建築基準法に定められているように、法律や規約に基づいてリフォームをすることが必要です。リフォームが可能な物件ですよ、と中古の物件をすすめられたとしても、その物件が度の程度リフォームが可能なのかを最初に確認してから入居、そしてリフォームしないと後...
リノベーション費用で押さえておきたいポイント
中古物件を購入して、リノベーションする人が最近多いようだ。しかし、その費用がどの程度かかるのかは以外と知られていない。なんとなく500万円程度、という感覚値だけが意外と広まっているのだが、どこをどう改修していくかで予算は相当変わってくるものなので、この金額だけにとらわれてしまっては危険だ。リノベーションのメリットは、自分達の住居をより住みやすい形に変えていくことなので、予算だけを気にしていても満足のいく結果を得ることはできないが、現実的にかかる費用についてはしっかりと押さえておきたい。どうしても...
自宅のリフォーム費用はどれくらい?
現在の住居が古い場合、もしくは、中古住宅を購入した場合などにはリフォームを考えている人も多いことだろう。しかし、そうそう頻繁に行うものではないので、相場感覚も掴みづらく困っている方も多いことだろうと思う。近くの工務店などに見積もりを取ってもらっても、それが妥当なのかどうかわからなければ、本当に依頼していいのかもわからない。そんな方の為に、過去のリフォーム事例を元に収集した統計的な費用をここで公開したいと思う。戸建とマンションでは若干相場は異なるが、今回は戸建について説明していく。まずキッチン、浴...
自分でもできるリフォーム
マンションのリフォームを行うにあたっては様々なアイデアを実現させることも楽しみの一つになります。全てをプロのリフォーム業社に依頼することはお金さえあれば簡単なことですが、どうしても自分たちでは難しい工事だけをリフォーム業社や専門の設備業社にお願いして残りのインテリアについては自分たちで少しずつ時間をかけてリフォームすることも楽しいことですし、金額的にも大幅に節約できます。電気系統や水道関係の給排水工事は専門の電気屋さんと水道屋さんに依頼すべきですが、インテリアの表面的なリフォームは自分たちでも充...
新築とリフォームのメリットを考える
もちろんいつも新築の建物を自分の好きな条件で手に入れることができたらいいのですが、実際には「予算」とか「土地」などの問題がありそうはいきませんね。ですから中古の物件にリフォームを行う選択肢も考えておくべきなのです。皆さんだったらこの新築と中古のリフォーム、どちらがいいでしょうか。不動産会社などが提供するイメージ先行で住宅を購入してしまうと後から後悔することにもなりかねませんので、ここでは冷静にそれぞれのメリットを考えてみましょう。まず新築のメリットで挙げることができるのは「設計の自由さ」です。家...
新築かリフォームかの判断
高級マンションというと東京などの大都市の古くからある有名住宅地に有るマンションや、比較的近年に大手デベロッパーによって建設された大型の総合開発内のマンションなどをイメージしてしまします。それらの中には月額の賃料が100万円を超えるようなマンションや、所有権売買のマンションでは一戸あたりのマンション価格が2億円を超えるような超高級マンションがあります。上記のような超がつく高級マンションは別物としますと、経済研究所の研究では一般的に高級賃貸マンションと呼ばれるマンションは賃料の場合で月額で30万円を...
リフォームに家具や美術品を活用する
中古マンションを購入してリフォームで新築に負けない美しい空間を作ることも夢では有りませんが、リフォーム会社に多額なお金を支払うばかりでは能が有りません。リフォーム会社に依頼する部分は室内の基本的な設備関係の改修と床や壁、天井といった基本的な部分のウォールペーパーやフローリング材の張替えだけをお願いして、後は自分たちの工夫一つで美しいセンスの良い空間が作れます。収納する棚や作り付けの家具などは出来るだけリフォーム会社に依頼しないで、自分たちでホームセンター等を歩いて家具の活用でまかなったほうが良い...