リノベーション

リノベーションエントリー一覧

リフォーム時の注意点とは
リフォームを行うことによって費用を安く抑え、新築では住めない大きさの家や立地を手に入れる人が最近増えていますね。特にリフォーム技術はいつも「進歩」していますからまるで新築のような綺麗で豪華な家を自分のものにすることができます。しかし当然ながらこの「リフォーム」をする際にも「注意すべきこと」があるのです。少しここではそのことを考えてみましょう。まずチェックしたいのが「いつ」建設された住宅なのかということです。一つの目安になるのは「1981年」以前かそれ以降かというものです。実はこの年に「新耐震設計...
リフォーム人気の高まる現代
きっと自分の家を手に入れようとするときには新築物件にするのか、それとも中古物件にしてリフォームするのか悩むことがかなりあるのではないでしょうか。少しここでは最近の「トレンド」を考えてみることにしましょう。ここ数年非常に多くなっているのがマイホーム探しの時に「中古の物件」を探すパターンです。これはいったいなぜでしょうか。中物件には「立地条件」とか「敷地の面積」、さらに「間取り」などを考えたときに新築よりもかなり「割安」になるメリットがあるのです。ですから自分の理想としている物件を予算内で見つけるこ...
リフォームの内容検討
中古のマンションを購入してリフォームすることで気持ちのよい新築マンションに負けない状態にすることが可能です。マンションの場合ですと入居者全員に修繕積立金の負担をしてもらっていますので、入居者たちで作っている管理組合が修繕積立金を使ってマンション全体の共有部分の整備や修理保全を行いますので、つねにマンションの外観や共有部分は一定の状態が保たれます。管理組合は定期的に入居者の中から選出された理事たちで検討会を開いて、建物の不具合や外観の塗装などを検討して時期が来れば実施します。ですからマンション全体...
リフォーム後物件の注意点
住宅を購入する場合に新築物件に絞って物件探しをするよりも中古物件も含めて探したほうが良い物件にめぐりあえる可能性が高く成ります。新築物件は数量的に見て市場に物件が出回る率が少ないので仲々自分たちが希望する地域に見つかりにくいものです。中古物件は数多く市場に仲介物件として出回っている事が多いので自分たちの希望する立地にでも見つかる可能性は高くなります。新築にこだわる方でも中古物件のリフォーム後の状態を見れば見劣りしない状態になりますので納得できると思います。しかも中古物件は新築物件と比べて面積あた...
リフォームすることで蘇る中古物件
住宅を購入するにあたって、新築物件を購入すべきか中古物件を購入してリフォームするべきかという議論があります。運良く新築物件で自分たちの予算以内で希望する地域に良い物件が見つかれば良いのですが、実際には新築物件は市場に出る数量がすくないので仲々希望する物件が見つからないことが多いのです。中古物件は市場に流通している物件数が新築物件に比べて圧倒的に多いので一生懸命に探せば良い物件にあたることがあります。中古物件でも築後年数が15年以内のものでしたら設備の耐用年数も十分に残っているはずですので、リフォ...
戸建て住宅のリフォームと注意点
一戸建ての中古物件を購入する時はリフォーム工事に詳しい方に一緒にみてもらうことをお勧めします。一戸建ての物件の場合は築後年数にもよりますが10年を超えていれば床下や天井及び天井裏の基礎の部分に傷みがでていることが心配されます。基礎工事の処理がしっかりしていない木造建築の場合ですと基礎の地面との接点部分に雨水が入り込んで腐食してることもあります。建築した時の工事がずさんな場合には基礎工事の中心線や水平が保てなくて微妙に家が傾いていることもあります。また長い間には数多くの地震が有りますので、地盤が弱...
中古物件を購入してからのリフォーム
リフォームすることを念頭に置いて中古物件を探した場合のリフォームについての手順について説明します。マンションの場合を例に例えますと購入する時に気をつけなければならない大切なこととして「築後年数が15年以内の物件」を選択する事が大切です。あまりに古い物件ですと給排水や電気系用などの設備関係の基本的な部分が老朽化によって経時変化を起こしている場合がありますのでリフォーム工事が高くなりますし時間もかかります。また中古物件を購入するために見学するときには、できればリフォーム工事に詳しい専門家に一緒に見て...
リフォームの調査ポイント「内装関係」
前章で設備関係のチェックポイントについて記しましたが、次に内装についてのチェックポイントについて記します。◆室内の壁と天井関係1, 初めに壁や天井についてウォールペーパーペーパや塗装などの下地素材のモルタルやコンクリート、木部などに傷や損傷が無いかのチェック2, ウォールペーパーや塗装壁、木材やタイルなどの仕上げ材の汚れと損傷状態のチェックをして、クリーニングで綺麗になる部分とウォールペーパーの張替えや塗装処理で済むかの判断材料にします。◆フロアー関係1,フローリングの仕上げ材の種類と汚れや損傷...
リフォームかリノベーションか
古い1戸建の住宅の改修を考えている場合に、壁紙や塗装などを替え傷んでいる設備の修繕をするリフォームと、思い切って自分の理想の住宅にするために建てなおして新築するリノベーションがあります。リフォームの範囲に止めるか、思い切って立て直しをするリノベーションにするかの判断には幾つかの要素があります。古くなって傷んだ部分や損傷している箇所を修繕することも可能ですし、古くなって時代遅れの風呂やトイレ、キッチンなど設備を新しいものにすることも出来ます。また、建築基準法に違反しない範囲でしたら子供部屋などを増...
リフォームの調査ポイント「設備関係」
中古マンションのリフォームをする場合の設備のチェックポイントについて記します。◆設備関係の状態をチェックする1,厨房関係生活する上で大切な厨房には様々な設備が施されています。水道関係の蛇口や配管に問題がないかのチェックは大切で、配管が老朽化による腐食で穴や、ジョイントと呼ばれる繋ぎ目がサビから緩んでいて水漏れすることもあります。また、ステンレスなどのシンクに亀裂がある場合もあります。2,ガス関係給湯器が正常に働いているか、給湯能力に問題ないかを調べます。◆バス・トイレ関係設備1, 浴室の水道設備...
リフォーム計画を立てよう
自分の家を持つ、マンションでも一戸建てでもそれはかなり重要なこと。その家を持つまでにローンを組んだり、または色々な家具を揃えたりかなりの労力をその住まいの維持にかけたことでしょう。また持ち家であれば、固定資産税や都市計画税、マンションでは管理費、修繕積立金などがありますが、それらを財産としてみなすと、その財産価値は年数を重ねる毎に減っていきます。また新しい技術はどんどん開発され、家電でもより燃費のいいもの、そして燃料をあまり必要としないもの、または環境にやさしい設備やより耐震性、災害に強い住宅な...
リフォーム保険
リフォームを依頼するときに、もしかするとリフォームをする際に家に何らかのダメージを負ってしまう可能性も否定することはできない。そこでもしもリフォーム中に家に損害を与えた場合のシステムがどのようになっているかを確認すべきである。リフォーム業界には、リフォーム保険ともいうべきシステムを用意している場合も少なくない。リフォーム保険とは、もしも工事中に家に何らかの損害を与えてしまった場合に、保険金が支払われるシステムのことを言う。もし業者が保険に加入をしていない場合には、損害賠償について、すべて会社の自...
リフォームと資格
リフォーム業者にリフォームの仕事を依頼する場合、リフォーム業者で働いているスタッフの中に、リフォーム関連の資格を持っている人がいるかどうか、確認をしたほうがいいだろう。では具体的に、どういった資格を持っているスタッフのいる業者を探せばいいのか?たとえば、増改築相談員や、マンションリフォームマネージャー、建築士、施工監理技士、建築整備士、福祉住環境コーディネーターなどの免許を持っている人のほうが望ましい。またリフォーム業界には、業界を統括する団体がある。リフォーム業界を管轄している団体に加盟をして...
リフォーム業者の実績
現在では、いろいろなリフォーム業者が営業を行っていて、リフォームをするときには、どの業者に依頼をするかということも重要になってくる。もしリフォーム業者を比較する場合には、業者の実績は必ずチェックをしておくべきであろう。リフォームは、新築住宅と大きく異なるところがある。それは、業者の意向ではなく、依頼をするお客の意向によってリフォームを行うという点だ。よってよりノウハウや技術が高く要求されることになる。少なくても、リフォームの経験が2年以上ある業者に、仕事の依頼をするべきである。また業者によって、...
リフォームプランの比較
リフォーム会社を選択するときには、リフォーム会社から提示されるリフォームプランを見て、比較検討をするべきである。リフォームプランの比較ポイントとして、まずはこちらが求めている内容が十分に反映されている計画書になっているかどうかについて確認をしよう。独りよがりなプランで、こちらの要望がほとんど反映されていない場合には、対象から外すべきである。工事を始めた後に意識のずれが生じ、トラブルになる可能性が高いからだ。また、ただこちら側の要望にこたえるだけでなく、何か提案がなされたプランとなっているかどうか...
リフォームの資金
リフォームをする場合には、どうやって費用をねん出するのかということも重要なポイントになってくる。費用を考えた場合に、住宅ローンを活用するというのも、一つの方法ではある。しかし安易に住宅ローンに手を出すのは、やめたほうがいいだろう。リフォームをするということは、自宅を購入していることになる。もしかすると、住宅ローンで借り入れをすでに行っている可能性が高い。さらに借り入れを行うことで、返済の負担が大きくなってしまう。また完済をしていたとしても、さらに住宅ローンを借りることで、返済義務が生じる。老後の...