新築マンションと中古マンション比較

新築マンションと中古マンション比較

中古のマンションには新築マンションにはないメリットがあります。
新築マンションは外から見たマンションの外観の点でも中にはいっての内装においても新しいので魅力があります。

 

しかし新築マンションはデベロッパーが土地を取得して開発計画を建ててから出来上がるまでに建設会社やデベロッパーの関係で売買予約が決まってしまうことが多くありますので、市場に出すための宣伝をしないことも多くあります。

 

 

 

また東京などの人口密集地では従来の住宅用地にはマンションが建設できる用地が少ないので新築物件が市場に出る数が少なくなっています。

 

大型のマンションは用地の取得が困難な上に周辺に住んでいる方々の同意の取得にも時間がかかりますのでマンション建設のための総事業費が大きくなりますので、マンションの販売価格はどうしても割高になります。

 

このように新築マンションは販売される数が少ない上に一戸あたりの販売金額が大きくなっていますので冷静に考えますと購入希望者にとってメリットがあるとも言えません。

 

 

 

その様な新築マンションのデメリットを考えますと返って中古マンションを購入してリフォームした方が良いこともあります。

 

新築マンションは出来上がる迄の間はモデルルームや想像図以外には実際の物件をみることが出来ませんが、中古のマンションでしたら実際の状態を自分の目で確かめて購入できます。

 

 

 

また、新築マンションは自分たちが希望する間取りや内装には出来ませんが、中古マンションをリフォームするのでしたら自分たちの好きなように改装出来ます。

 

中古マンションは市場に出ている物件数が多いので自分たちが望む場所のマンションを選べる可能性が高くなります。