住みやすくする工夫

住みやすくする工夫

住まいを住みやすくする工夫は毎日快適な生活を送る上でかかせないものとなりつつありますが、まずは家具やものを置きすぎないという事も大事です。

 

 

 

必要最小限のものを置いて、余計なものは捨ててしまう、また片付け上手な人のアイディアを拝借してよりスペースを有効に使うということもできます。

 

 

 

スペースというのは、それだけ価値のあるもので、眠らせておいたり、物置にしておくのはもったいないです。物を捨てればそれだけスペースができるのですから、せっかくお金をはたいて買ったり、借りたり、リフォームしたスペースなのですから有効に使いましょう。

 

 

 

障害物が多い家は、住みにくいし、背の高い家具がある家は圧迫感があります。また災害時、とくに地震に備えて耐震グッズを家具などに備え付けることも毎日の安心のためには必要かもしれません。出来る限りムダを省いて、節約や省エネにつとめる、またゴミを減らす試みも大事ですね。

 

 

 

スペースコンシャスであることは、省エネルギーにもつながります。また大きな家具や無用の装飾物などを片付けてしまって、部屋のインテリアはシンプルにしたほうが気持ちも安らぐことでしょう。部屋を色で演出、統一することによって、精神的によい効果を引き出すこともあるようです。もう一つ気をつけるのは匂いです。他人の家にいくとその家の匂いがするものですが、ときにはそれが悪臭の場合があります。家の匂いケアはしっかりしましょう。やはり五感にとって快適な住まい環境作りが最も大事なことは誰の目にも明らかです。