エコロジー地球にやさしい住まいとは

エコロジー地球にやさしい住まいとは

最近は家電でも家のシステムや住まいの宣伝でも、まずはエコロジーを前に打ち出した商品が多いですね。それだけ地球環境に害がないもの、そしてより環境と一体化して暮らしていくことは私たちにとって急務ですし、住宅エコポイントなどもあって国や企業をあげて推進していました。

 

 

 

いまは復興支援、住宅エコポイント制度があるので、このポイントを被災地の商品やエコロジー関連商品と交換できるので復興支援となっているのです。これは被災地だけではなく、それ以外の地域でももらえます。

 

 

 

エコロジーとはいっても、それぞれ千差万別のシステムがありますし、実際の最初の導入費用は、いままでの従来型システムと比べて高くつくことが殆どです。そういったことを考えると、その差額を埋めるためにはかなりの年数がかかることになります。

 

 

 

実際太陽光発電などで見ると、補助金などが手厚い自治体などでは自家発電して余剰電力を買ってもらえば、数年、長くても10年以内で導入コストが改修できるのに比べて、あまり補助制度がない自治体では、やはり高い買い物になったという場合がまだ多いようです

 

 

 

。そしてオール電化住宅なども太陽光発電との併用ですすめられていましたが、蓄電器などがないと夜間の停電などは致命的で、ガスが無い分別のエネルギーで代替することができず、逆に不便だという指摘もあります。まだ研究中の分野もありますが、かならずしもオール電化がCO2の削減に貢献するかというのもはっきりしないので、アンテナをはって常に正しい情報を得て、正しいシステムを導入しましょう。本当に地球にやさしい住まいとは、という問いは非常に答えるのが難しいでしょう。