自宅もエレベーターが必要?

自宅もエレベーターが必要?

いますでに超高齢化社会に突入している日本では、他の先進国と同じように高齢者のこれからの生活スタイル、より便利で過ごしやすい住まいの提供が急務となっています。

 

 

 

手すりや段差をなくすバリアフリー、足腰が弱くなっても使うことができるトイレや水まわり、自立した生活ができる為のベッドや家具などそうした設備は次々に開発されて、導入されていることが分かります。

 

 

 

またそれぞれの地方自治体で、高齢者対策リフォームの助成金などが利用できる場合もありますので、こうした高齢者のリフォーム、また介護保険被保険者がいる世帯は、助成が得られるかどうか、最初に確認してもいいかもしれません。こうしたバリアフリーや二階建て以上の建物に住んでいて、容易に階段の登り降りができなくなったとき、一度は考えることはエレベーターの導入です。

 

 

 

まだあまり一般化していませんし、もちろんこんな狭い我が家でもできるのかしら、という疑問もあるでしょうが、その点は問題ありません。また普通の集合住宅と同じ様にメンテナンスを頼むことができるので、より安全に移動したい場合にもうってつけでしょう。

 

 

 

階段の手すりを利用したリフトなどもありますが、なにしろセッティングするまで時間がかかったり、障害物があったりするとストップしたりで、自分一人で暮らしている場合、トラブルの際の対策はいまいちな場合があります。エレベーターというと挟まれたりというリスク面も思い浮かびますが、そういったことがないように、毎回しっかりエレベーターが到着してから乗る様に注意するのは基本中の基本になります。自家用エレベーターはこれからどんどん普及してくるのではないでしょうか。

 

名古屋の注文住宅のURLです