リフォームと資格

リフォームと資格

リフォーム業者にリフォームの仕事を依頼する場合、リフォーム業者で働いているスタッフの中に、リフォーム関連の資格を持っている人がいるかどうか、確認をしたほうがいいだろう。では具体的に、どういった資格を持っているスタッフのいる業者を探せばいいのか?

 

 

 

たとえば、増改築相談員や、マンションリフォームマネージャー、建築士、施工監理技士、建築整備士、福祉住環境コーディネーターなどの免許を持っている人のほうが望ましい。

 

 

 

またリフォーム業界には、業界を統括する団体がある。リフォーム業界を管轄している団体に加盟をしているかどうかについても確認をしておいたほうがいいだろう。

 

 

 

日本増改築産業協会や住宅リフォーム推進協議会、マンションリフォーム推進協議会といった団体に加盟をしているかどうかについて、確認をしておくべきである。以上の団体に加盟をしている業者であれば、リフォームの技術について、ある程度の信頼をおくことができる。