二世帯、三世帯住宅

二世帯、三世帯住宅

最近では家を建て替える際に、二世帯、三世代住宅を構える人々も増えてきたようです。

 

 

 

もともと祖父、祖母、父、母などが長くその土地に住んでいる場合、また代々受け継がれている土地が好立地な場合、子供はわざわざ他の土地へいって土地を買って家を建てるというプロセスを踏む必要はまったくありません。

 

 

 

そのままその土地を受け継ぎ、税制の優遇などを受けながら、新築物件で住み続けることができます。親の介護問題、そして子供の子育ての問題も一気に解決して、いままでの核家族の傾向から、より昔のスタイルに戻ってきたような感じです。世代間のコミュニケーションや色々な面での助け合い、そしてなによりも集合して暮らすことで節約になることもあり、仕事を三世帯で分担してこなすこともできるのです。それぞれの部屋は階数などで仕切られていますから完全にプライベートは守られますし、問題が起きない程度にほどほどの距離感を持って過ごすことができるのはメリットです。

 

 

 

単身で暮らしていても、結婚、子供の成長と様々なライフイベントが重なるにしたがって、お金もかかるし、両親の介護の問題など様々な責任がでてくるのも、これでかなりの部分解決できることでしょう。より快適に動きやすくするのに、バリアフリー住宅にしたり、エレベーターの導入など、より住みやすく、そして補助金も出してもらえる部分は積極的に活用して、自分の理想の住まいを追求してはいかがでしょうか。これから二世帯、そして三世帯住宅は、より魅力を増して、ますます増えてくる居住形態だと思います。