新築かリフォームかの判断

新築かリフォームかの判断

高級マンションというと東京などの大都市の古くからある有名住宅地に有るマンションや、比較的近年に大手デベロッパーによって建設された大型の総合開発内のマンションなどをイメージしてしまします。

 

それらの中には月額の賃料が100万円を超えるようなマンションや、所有権売買のマンションでは一戸あたりのマンション価格が2億円を超えるような超高級マンションがあります。

 

 

 

上記のような超がつく高級マンションは別物としますと、経済研究所の研究では一般的に高級賃貸マンションと呼ばれるマンションは賃料の場合で月額で30万円を超えるものを「高級賃貸マンション」として定義しております。

 

また東京23区を例にしますと一億円を超えるものが高級マンションとして考えられています。

 

しかし東京でも23区を離れた郊外に行きますと新築マンションでも様々な大きさや価格のマンションが建設されています

 

 

 

新築マンションの場合での一番の問題点は供給される戸数が少ないので自分たちが希望する地域に探すことが簡単では無いことと、価格の面ですが面積単位で比較しますと割高になるというところにあります。

 

新築マンションは新しいので魅力的ではありますが、実際の面積は同じ間取りでも一部屋あたりのサイズが小さくなっているものが多いので、結果的に面積比率では中古マンションに比較してかなり高くなっています。

 

 

 

2LDKや3LDKとして販売されている新築マンションでも昔に作られたマンションに比較しますと一室あたりの面積が微妙に小さくなっています。

 

このような問題点を考えますと新築マンションに固執すること無く中古マンションも含めて探すことをお勧めします。