マンションもリフォームできる?

マンションもリフォームできる?

分譲マンションなどの集合住宅もリフォームできる場合があるということを御存知でしたか。自分の専有部分ならいいのでは、と思っていた人もちょっとここでもう一度確認してみてください。

 

 

 

実際には専有部分でさえ、建物の区分所有等に関する法律、管理規約、使用協定、消防法、建築基準法に定められているように、法律や規約に基づいてリフォームをすることが必要です。

 

 

 

リフォームが可能な物件ですよ、と中古の物件をすすめられたとしても、その物件が度の程度リフォームが可能なのかを最初に確認してから入居、そしてリフォームしないと後でトラブルの種になるのは目に見えています。

 

 

 

それぞれの物件の特徴にもよるのですが、基本的な梁や壁、床などの構造体自体はかえることができませんし、玄関のドア、また給水、給湯、排水やガス管などのあるボイラー、パイプスペースなども不可です。また窓やベランダ、バルコニーなども共有スペースと見なされるので基本的にはできません。

 

 

 

但しこうしたなかにも内側の占有スペースのペンキ塗りやシートを貼る、または防音や防寒の為に二重冊子にすることなどは可能な場合があります。またベランダ部分で小さなガーデニングなども楽しむことはできます。それぞれの建物によって多少の違いがありますから、どうしてもリフォームしたい部分があるときは、まず入居前にそれが可能かよく確認しておきましょう。間取りや内装を変更する、または中古の物件ではスケルトンリフォームといって全体的にリフォームできる場合もあります。