住宅の建て替え時期

住宅の建て替え時期

長年住んできた一戸建ての住宅が古くなるとリフォームする必要性が出てきます。

 

また、古いだけの問題ではなくて子供が成長したので子供部屋を増築したい場合や、年老いた親との同居する必要性が出てきて改装したいこともあります。

 

 

 

人生の長い間には様々な家族環境の変化もありますので、建築物の老朽化で改装するときもありますし全面的に立て直す場合もあります。

 

また、中古の住宅を買ってリフォームを考えている方も多くおります。

 

それでは、戸建の木造住宅は何年ぐらいで立て直す時期になるのでしょうか。

 

 

 

この質問にお答えするのは難しいことですが、木材自体の耐久年数は使われている木材の場所によって大きく変わります。

 

木材は本来の強度は相当強いもので手入れがよければ数百年も耐えられます。

 

 

 

しかし、実際の戸建住宅では木材が使われている場所によっては、常に湿った土に接している部分から腐食することもありますし、木材の内部がシロアリなどに食いつくされてスカスカになって危険な場合もあります。

 

 

 

また、木材部分だけでなく風雨に晒されている壁や屋根と地下の基礎部分がダメになっている場合もあります。

 

ですから、外から見ただけでは判断がつきませんし、住宅の建て替えや改修時期については一概に築後何年ということが出来ません。

 

日本の住宅の耐用年数は短いと言われていますが、一般的には築後30年前後が改装か建て替えを検討する時期とも言われております。

 

お店ってどこがいいか迷いますよね。こちらはhttp://www.rezions.com/が素晴らしいので安心です。

 

しかし、これも単なる目安でしか有りません。

 

やはり、専門家に克明にチェックしてもらい判断をしてもらうことが大切になります。