リフォームかリノベーションか

リフォームかリノベーションか

古い1戸建の住宅の改修を考えている場合に、壁紙や塗装などを替え傷んでいる設備の修繕をするリフォームと、思い切って自分の理想の住宅にするために建てなおして新築するリノベーションがあります。

 

リフォームの範囲に止めるか、思い切って立て直しをするリノベーションにするかの判断には幾つかの要素があります。

 

 

 

古くなって傷んだ部分や損傷している箇所を修繕することも可能ですし、古くなって時代遅れの風呂やトイレ、キッチンなど設備を新しいものにすることも出来ます。

 

 

 

また、建築基準法に違反しない範囲でしたら子供部屋などを増築することも可能です。

 

ここまでは、リフォームという改装の範囲で出来ますが、専門家に建物の基礎の状態や木造部分の腐食状態や屋根や壁の構造などの検査をしてもらった結果によっては、立て直したほうが良いという事になることもあります。

 

 

 

やろうと思えば建物の構造のトラブルについても部屋の増築でも工事することは可能ですが、改装工事{リフォーム}は立て直し工事{リノベーション}よりも余計な手間がかかりますし返って難しい工事になります。

 

ですから、工事費用も改装工事の方がリノベーションするより高額になり事がありますし、工事期間も長くなりことがあります。

 

 

 

現代の住宅の建設工法は建築図面に基づいて木材の加工は工場で機械を使ってスピーディーでキレイに作れます。

 

また、設計段階でキッチン、風呂・トイレ、窓枠サッシなどは各メーカーが作っている規格サイズに合わせますので、近代的で機能的な美しいユニットが使えます。

 

 

 

返って職人に現場で造らせるよりも早く機能的なものが安く使えます。

 

ですから、かなりの大掛かりなリフォームを検討するのなら、建築会社に新築の場合の見積りと工期についても合わせ提出してもらうことをお勧めします。