リフォームの調査ポイント「設備関係」

リフォームの調査ポイント「設備関係」

中古マンションのリフォームをする場合の設備のチェックポイントについて記します。

 

 

 

◆設備関係の状態をチェックする

 

 

 

1,厨房関係
生活する上で大切な厨房には様々な設備が施されています。

 

水道関係の蛇口や配管に問題がないかのチェックは大切で、配管が老朽化による腐食で穴や、ジョイントと呼ばれる繋ぎ目がサビから緩んでいて水漏れすることもあります。
また、ステンレスなどのシンクに亀裂がある場合もあります。

 

2,ガス関係
給湯器が正常に働いているか、給湯能力に問題ないかを調べます。

 

 

 

◆バス・トイレ関係設備

 

1, 浴室の水道設備の蛇口やシャワー器具関係に不具合がないか、水道の配管関係に腐食や漏れがないか。
2, バスタブや流し場の排水口関係につまりや腐食が無いか。

 

3, 浴室の給湯関係設備に不具合や機器の問題点がないか。

 

4, 浴室内の照明器具などの電気関係に蒸気などによる腐食や漏電の危険性がないか。

 

5, トイレの便器が傾いたりグラグラしたりする事が無くて、正常に床面に固定されて排水関係にも異常がないか。

 

6, 便器と排水のための受水槽や器具関係に異常がないか。

 

7, トイレ内で使用する照明器具やウォッシュレット器具の電気関係、換気のための器具が正常に機能しているか。

 

 

 

◆室内の設備関係

 

8, エアコン関係が正常に働いていて部屋面積に対して能力的に足りているか。

 

9, 各部屋の室内照明や玄関灯、クローゼット灯、キッチン・・・などの照明器具の状態チェック。

 

10, インターネットやテレビ、電話などのための配線関係の確認。