工事会社を選ぶときの注意点

工事会社を選ぶときの注意点

リフォームする場合でも立て直しをするリノベーションをするにしも、何らかの工事会社に注文することになります。

 

工事会社は数多く有りますが、その中には自分の会社では殆どなにもしないで別の会社に下請けに出してしまうケースが多くあります。

 

 

 

リフォームやリノベーションの業界は事務所があって、工事会社関係の仕事の経験者がいれば直ぐに開業できます。

 

いわゆるブローカー的な存在の会社は、それほどの専門知識に長けていなくとも数年でも工務店などで営業経験だけで、その時の顔を活かして集客専門に営業活動をしている業者もいます。

 

 

 

もちろん、大工さんや小さな工務店には営業力がありませんので、営業に長けた人と組むのも有っても然るべきです。

 

問題は、金線の授受が営業専門の会社を通じて行いますので、最悪のケースではお金を下請けの工事会社には会社に一部しか払わないで倒産してしまうこともあります。

 

 

 

実際に、この様な悲劇が起きて工事が途中でストップすることがありますので、工事会社を選ぶときには、その会社の過去の実績や信用状態を知っておく必要があります。

 

できれば、信用できる方に紹介してもらう事が安心できます。

 

 

 

また、工事費の金額と工事期間によっても違いはありますが、通常の工事契約では支払方法が最初の工事着手金から始まって、中間金、完成後の終了検査を終えてからの残金支払が多く行われています。

 

最初の工事着手金が多額になるものは注意が必要ですし、中間金にしても見積時に提出されている工事予定のスケジュールとの進捗状況をチェックしてから慎重に支払うことをおお勧めします。