リフォームすることで蘇る中古物件

リフォームすることで蘇る中古物件

住宅を購入するにあたって、新築物件を購入すべきか中古物件を購入してリフォームするべきかという議論があります。

 

運良く新築物件で自分たちの予算以内で希望する地域に良い物件が見つかれば良いのですが、実際には新築物件は市場に出る数量がすくないので仲々希望する物件が見つからないことが多いのです。

 

中古物件は市場に流通している物件数が新築物件に比べて圧倒的に多いので一生懸命に探せば良い物件にあたることがあります。

 

 

 

中古物件でも築後年数が15年以内のものでしたら設備の耐用年数も十分に残っているはずですので、リフォームをすれば新築物件にも負けない立派な住宅に生まれ変わります。

 

仮に中古のマンションを例にとって考えますと、マンションは一般的に修繕積立金を積み立てておりますので時期が来れば建物全体の修繕が必要な時期には管理組合で相談して定期的な修繕補修をしてくれます。

 

共有部分の老化による傷みや不具合が出れば管理組合で相談して補修をしてくれます。

 

 

 

ですから中古マンションの購入では自分たちの購入して物件の内部についてのリフォームを自分たちが希望すれば工事をします。

 

築後年数にもよりますが厨房や浴室、トイレなどの水回りや電気系統の配線に問題がれば設備関係の工事にある程度のリフォーム代金が必要ですが、設備関係が問題なければ内装の表面的な化粧工事だけで済みます。

 

 

 

壁紙を変えたり塗装工事をしたりフローリングなどの補修や張替えをすれば新築物件に負けないように変わります。

 

このようにリフォームすることを念頭に置いておけば探すのに難しい新築物件に固執するよりも中古物件のほうが良い物件を安く購入することができる可能性があります。