中古物件を購入してからのリフォーム

中古物件を購入してからのリフォーム

リフォームすることを念頭に置いて中古物件を探した場合のリフォームについての手順について説明します。

 

マンションの場合を例に例えますと購入する時に気をつけなければならない大切なこととして「築後年数が15年以内の物件」を選択する事が大切です。

 

 

 

あまりに古い物件ですと給排水や電気系用などの設備関係の基本的な部分が老朽化によって経時変化を起こしている場合がありますのでリフォーム工事が高くなりますし時間もかかります。

 

また中古物件を購入するために見学するときには、できればリフォーム工事に詳しい専門家に一緒に見てもらって診断してもらうことをお勧めします。

 

その時に概算でもリフォーム金額が出れば物件の購入金額とリフォーム金額の合計で新築物件を購入した時との比較ができます。

 

特にマンションの場合ですと外壁に面した窓のサッシ関係の状態がしっかりしているかを見て下さい。

 

 

 

同時に厨房と浴室やトイレの水回りや使用している機器に問題が無いかは重要になります。

 

水回りに問題がありますと工事が大変になりますしリフォーム金額が高くなります。

 

 

 

上記のような設備関係に大きな問題がなくて間取り変更をしなければ、リフォーム工事はインテリアの表面的な工事だけで済みますので工事金額も少なく住みますし工期も短時間で出来ます。

 

老朽化で汚れている壁紙を替えたり塗装することできれいになりますし、床関係はフローリング材を新しく変えるか木製のフローリング材の場合はサンダー「ヤスリ」を掛けてラッカー塗装をすれば新品に近くなります。