戸建て住宅のリフォームと注意点

戸建て住宅のリフォームと注意点

一戸建ての中古物件を購入する時はリフォーム工事に詳しい方に一緒にみてもらうことをお勧めします。

 

一戸建ての物件の場合は築後年数にもよりますが10年を超えていれば床下や天井及び天井裏の基礎の部分に傷みがでていることが心配されます。

 

基礎工事の処理がしっかりしていない木造建築の場合ですと基礎の地面との接点部分に雨水が入り込んで腐食してることもあります。

 

建築した時の工事がずさんな場合には基礎工事の中心線や水平が保てなくて微妙に家が傾いていることもあります。

 

 

 

また長い間には数多くの地震が有りますので、地盤が弱い場所ですと少しづつ地盤面とともに建築物も微妙に傾いていることもありますし、木造の構造自体が緩んで狂ってきていることもあります。

 

中には天井裏の木材構造に狂いが生じていることや、シロアリ被害で木部がボロボロになっていることもあります。

 

 

 

外部に接する窓のサッシや雨戸などの状態が狂っていて雨水が入ってくる場合もあります。

 

この他にも給排水や電気系統の設備面の不具合もチェックしてもらう必要があります。

 

 

 

特に表面に表れていないが配管などの腐食は工事が大変な場合がありますので充分なチェックが必要になります。

 

上記のような基礎工事と設備工事に老朽化や損傷がなければ表面をキレイにしたり厨房や浴室、トイレ、空調などの機器類の交換でしたら簡単にできますし、機器類などは使えるあいだはそのまま使って時期が来たら新しい機種に交換することも出来ます。