リフォーム計画を立てよう

リフォーム計画を立てよう

自分の家を持つ、マンションでも一戸建てでもそれはかなり重要なこと。

 

 

 

その家を持つまでにローンを組んだり、または色々な家具を揃えたりかなりの労力をその住まいの維持にかけたことでしょう。

 

 

 

また持ち家であれば、固定資産税や都市計画税、マンションでは管理費、修繕積立金などがありますが、それらを財産としてみなすと、その財産価値は年数を重ねる毎に減っていきます。また新しい技術はどんどん開発され、家電でもより燃費のいいもの、そして燃料をあまり必要としないもの、または環境にやさしい設備やより耐震性、災害に強い住宅など新技術の導入も気になります。

 

 

 

もちろん自分が老化していくにしたがって、子供は独立するし、体もだんだん不自由になってきますから、バリアフリーや水回りの設備、階段よりエレベーターが必要になるなど、より快適な住まいというのは変わっていくものです。そのようなときに一番必要なのはリフォームです。

 

 

 

建て替えという選択肢もありますが、一番手頃で、そのまま住み続けて家を住みやすくするにはその形が一番安上がりで早いです。いままでの間取りを活かして、ぜんぜん雰囲気の違った住宅にすることができます。

 

 

 

老朽化しやすいところはしっかり新しいものに変えて、また残しておきたいものは希望通り残すことができ、年齢によって必要になる設備も備え付けることができます。市区町村から補助金もでるケースがありますので、それぞれの自治体に確認してみましょう。