自分でもできるリフォーム

自分でもできるリフォーム

マンションのリフォームを行うにあたっては様々なアイデアを実現させることも楽しみの一つになります。

 

全てをプロのリフォーム業社に依頼することはお金さえあれば簡単なことですが、どうしても自分たちでは難しい工事だけをリフォーム業社や専門の設備業社にお願いして残りのインテリアについては自分たちで少しずつ時間をかけてリフォームすることも楽しいことですし、金額的にも大幅に節約できます。

 

電気系統や水道関係の給排水工事は専門の電気屋さんと水道屋さんに依頼すべきですが、インテリアの表面的なリフォームは自分たちでも充分キレイに改装できます。

 

 

 

中古マンションの築後の年数にもよりますが、初めに行うことは給排水と電気関係の工事が必要な部分だけを専門の電気工事屋さんと水道工事屋さんかリフォーム業社に御願いして工事を済ませます。

 

次にフロア関係のリフォームが問題ですが今までのフロアの材質によって処置の方法が次のように違ってきます。

 

 

 

1, 木質の集積材仕様のフロアの場合は、まだ充分に使えそうなものは表面を一度サンダー{電気ヤスリ}を購入して削ります。「サンダーは工具店などで購入できます」
その後でニスなどの塗装材を購入して塗りますと新品同様にきれいになります。
または、木製フロアの上から人工のものか薄い木製の集積材を貼ることも出来ます。

 

2, 合成樹脂製の人口タイルのような材質でしたら一度剥がしてから新しい物を購入して張って下さい。

 

 

 

フロアのリフォームが終わったら次は天井や壁のリフォームを行いましょう。
一般的には壁紙の張替えか何らかの塗装になると思いますが最近では便利に素人でも張ったり塗ったり出来る商品が賣られていますのでお店の方とも相談して下さい。

 

ここまで出来ましたら入居は出来ますので、その後のリフォームについてはゆっくりと家具や備品などを使って自分たちのアイデアを入れてリフォームすることが楽しいでしょう。