リフォーム時の注意点とは

リフォーム時の注意点とは

リフォームを行うことによって費用を安く抑え、新築では住めない大きさの家や立地を手に入れる人が最近増えていますね。特にリフォーム技術はいつも「進歩」していますからまるで新築のような綺麗で豪華な家を自分のものにすることができます。

 

しかし当然ながらこの「リフォーム」をする際にも「注意すべきこと」があるのです。少しここではそのことを考えてみましょう。まずチェックしたいのが「いつ」建設された住宅なのかということです。一つの目安になるのは「1981年」以前かそれ以降かというものです。

 

実はこの年に「新耐震設計基準」が全ての住宅に適用されるようになりましたので、それ以降の物件であればより安全な構造になっている可能性が高いのです。もしそれ以前の住宅の場合は、部材の補強工事を行うだけではなく耐震補強もしっかり行うことを忘れないでください。

 

さらに「断熱性能」は住宅によってかなり異なります。新築当時は時代の最先端のものだったかもしれませんが、年数の経過と共にほとんど機能していないことも考えられますね。断熱リフォームというのは壁をはがすことになりますから非常に工事費が割高になります。

 

もし全面的なリフォームを考えていないのであれば断熱性能の良い物件を選ぶことが大きなポイントとなるのです。このようにリフォームでは優れた物件を見分けることがとても重要になります。外観だけではなく、図面とか壁の内側の写真なども手に入れるなどして慎重に選んでいかなくてはいけないものなのです。