中古住宅への不安を軽減する方法

中古住宅への不安を軽減する方法

色んな「リスク」を恐れて新築物件を買う人は多いですね。なぜなら中古物件の売買にはそれなりのリスクが伴うからです。例えば一つのポイントとなるのが「瑕疵の保証期間」です。これは欠陥が発覚した時にいつまで保証の対象になるかということです。

 

この期間をすぎて何かの問題が発覚すると結局買主は補修費用を泣く泣く自分で払う必要があるのです。数万円くらいだったらまだいいのですが、これがもし数百万円単位の修繕になってしまったらと思うとどうしても中古住宅には手を出せないと思う方もいるのです。

 

しかし予算的に新築物件の購入が難しい場合もありますね。そんな時にはどうしたら良いのでしょうか。利用できる一つの方法は「プロ」に「インスペクション」、つまり事前チェックをしてもらうことです。

 

素人では壁を剥がすのに構造上の問題などに気付くことはまずできませんのでプロの建築会社とか住宅センターに依頼することができます。もちろんこの点で信頼できる「第三者」的な業者にチェックしてもらうことが必要ですね。

 

中にはこのようなインスペクションを専門の仕事について自ら瑕疵保証を数年付けてくれる会社もあるのです。これだったら中古住宅に関する買主の不安は一気に解消されることになります。もちろん「売主」にもメリットはあります。

 

優良な物件として認定してもらえば買主も購入に積極的になり契約がより順調に進む可能性が高いのです。ぜひ中古物件を買ってリフォームを考えている方はこのような選択肢に関しても検討してみてください。