知っておくと便利な補助金、助成金など

知っておくと便利な補助金、助成金など

バリアフリーやリフォームする際に給付される国や地方自治体からの助成金というのは意外につかえるケースが多く、リフォームや建て替えの際には一度は目を通していただきたいです。

 

 

 

また税制の優遇処置も多く、快適に暮らせる費用だけではなく、これからの暮らしの税金対策になるという場合も。知っておいて損はありません。

 

 

 

まずは省エネルギー対策補助金というものです。太陽光発電、ヒートポンプ、蓄熱センター、天然ガス利用の発電などの設備投資に補助金がでるものです。そしていまもっとも注目される耐震改修工事支援です。阪神淡路大震災では1981年以前に建てられた新耐震設計基準を満たさない家屋が多く倒壊したといいます。そしてこの地震リスクというのは最近とみに高まっています。

 

 

 

各自治体では、耐震診断を受け、そしてその基準を満たさない建物については耐震改修工事支援として、診断費用を負担、そして住宅の補強費用や資金の融資を行なっているところもあります。また介護保険の支援として、介護保険被保険者がいる場合、手すりの設置やバリアフリーなどのために実質上限18万円までの改修費用が支給されることになります。

 

 

 

また高齢者対策リフォーム支援などは、担当の自治体で50万程度までの助成金を出している地域もあります。トイレの改修など、基本的なところはこれでカバーできますね。また自治体経由でリフォームローンを申し込むと、規定よりも安い金利で融資が受けることがありますので、これも見逃せない制度です。まずはしっかり各自治体に確認しましょう。