リフォームか、新築について

リノベーション費用で押さえておきたいポイント

中古物件を購入して、リノベーションする人が最近多いようだ。
 

 

しかし、その費用がどの程度かかるのかは以外と知られていない。
なんとなく500万円程度、という感覚値だけが意外と広まっているのだが、どこをどう改修していくかで予算は相当変わってくるものなので、この金額だけにとらわれてしまっては危険だ。
リノベーションのメリットは、自分達の住居をより住みやすい形に変えていくことなので、予算だけを気にしていても満足のいく結果を得ることはできないが、現実的にかかる費用についてはしっかりと押さえておきたい。
賃貸マンション関係の知識

 

どうしても、改修したいところが多く、想定していた予算を超えてしまうような場合は、出来ることは自分達でやるのが良いだろう。ある程度、融通が利く業者であれば、事前に状況を説明しておけば、材料だけを提供してもらい、作業は自分達でやるという事も部分的にはできはずだ。
 

 

リノベーション費用で押さえておきたいポイント関連エントリー

壁紙の選択
壁紙の選択
新しい設備の導入
新しい設備の導入
工夫一つで美しいお洒落空間に
工夫一つで美しいお洒落空間に
自宅もエレベーターが必要?
自宅もエレベーターが必要?
工事会社を選ぶときの注意点
工事会社を選ぶときの注意点
二世帯、三世帯住宅
二世帯、三世帯住宅
マンションもリフォームできる?
マンションもリフォームできる?
自宅のリフォーム費用はどれくらい?
リフォームか、新築について
自分でもできるリフォーム
自分でもできるリフォーム
新築とリフォームのメリットを考える
新築とリフォームのメリットを考える
新築かリフォームかの判断
新築かリフォームかの判断
リフォームに家具や美術品を活用する
リフォームに家具や美術品を活用する